Tomo Profile&Concept

天然素材の服 Tomoの服 コンセプトとデザイナーのプロフィール

Tomo Natural Fabrics
プロフィール&コンセプト

プロフ 写真(変換後).jpg


トモ・ナュラルファブリクスとは

トモ・ナュラルファブリクスは、商品の生産から販売方法までを、兄弟で話し合いながら独自に進めているナチュラル素材を使ったファッションブランドです。
タイ在住の私の弟が、『飾らないやさしいくらし』をテーマに、服や布小物を現地で生産し、それを兄である私がミニバンに商品を載せて、日本各地でギャラリーなどを中心に営業販売しています。

トモ・ナュラルファブリクスの布は、弟でデザイナーであるtomoと、タイ東北部の農村女性の生活向上のためのNGO団体とのフェアトレードによって独自に作られています。
無農薬で育ったヘンプの糸、天然の手紡ぎコットンの糸などを、タイの身近な自然素材を使って染めてもらい、時間を掛けてじっくりと手で織ってもらった、オリジナルの布を生産しています。

Tomoは、タイの家族的な雰囲気の中で、現地のスタッフと一緒になって、縫製を指導しながら「カラダとココロにやさしいモノ作り」を目指しています。服に関しては、立体裁断で作られ、着た時のフィット感やシルエットにこだわっています。また、残布を出さない生産方法などを考えながら服や小物をデザインしています。
販売に関しても「カラダとココロにやさしい販売」を目指し、セールなども一切しないで、全国どこで買っても同じ値段設定になっています。

Tomo Natural Fabrics 眞鍋芳章



Tomo デザイナー 真鍋友芳

Tomoyoshi Manabe

2007_0217photo0.jpg
1976年 岡山の倉敷に生まれる


武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業

在学中にファッション・ユニットSTOREに参加し活動する

小池一子氏の勧めで勤めた北青山のMaru Factory(丸山正 主宰)にて手仕事の可能性に魅せられる

タイの伝統の染織を復元し自然素材の服を手掛ける「うさと」のさとううさぶろう氏に師事

2006年 夏に独立し、兄弟でTomo Natural Fabricsを始める

現在タイ・チェンマイ在住