Tomoの服 倉敷のお店

kurashiki_shop2.jpg

倉敷美観地区の外れに、Tomoの服のお店はあります。漆喰塗りの白壁に、手織り草木染の暖簾が掛かっているお店です。
本町・東町の通りは、倉敷市伝統的建造物保存地区に指定されており、昔からある畳屋・造り酒屋・表具屋・呉服屋等と、伝統的建物を残しつつ新しく再生されたジャズ喫茶・旅館・焼き鳥屋・イタリアンレストラン等が立ち並びます。
その一角に、平成22年4月末、町家の再生・利活用を通じて、地域の生活文化の継承、育成と創造、及び景観の保全を目的とするNPO法人『倉敷町家トラスト』様のお世話になり、オープンしました。

倉敷町家トラスト ウェブサイトへ

昭和の古民家を再生したお店の店内は、使える古材をそのまま残し、ぬくもりと懐かしさを感じる空間になっています。『ココロとカラダにやさしい生活の提案』をコンセプトに、オリジナルの品以外も取り揃えています。

Access

住所

〒710-0053 岡山県 倉敷市 東町 1-25

営業時間

営業時間 : 11:00〜17:00
定休日 : 月曜日
電話 & FAX : 086-441-3172

電車でお越しの方へ

倉敷駅南口からセンター街を通り、道なりにまっすぐ進んでいただきます。倉敷公民館・本町郵便局を左手に、中国銀行を右手に(右に曲がると美観地区)見ながらそのまま4〜5分歩いていただくと、本町通りが終わり、交差点があります。交差点から左を見ていただくと、20m程先に、白壁に暖簾がかかったTomoのお店があります。倉敷駅から、約20分。

車でお越しの方へ

高速道路早島ICを下車し、バイパスを倉敷方面に約4分。加須山交差点を右折、そのまま5分程直進。羽島の交差点を直進し、左に倉敷市民会館を見ながら30mほど進み、左手にお地蔵さんがある三叉路を右折。100mほど直進していただくと右手に、白壁に暖簾がかかったTomoのお店があります。

※駐車場はございませんので、倉敷アイビースクエア駐車場等をご利用下さい。(お店まで徒歩5分)

倉敷のお店で取り扱っている品

道楽かん工房の張り子人形・お面

デザイナーTomo(真鍋友芳)と私(眞鍋芳章)の実家の家業。
石膏で型を作り、その型に小さく千切った和紙を3重に張り合わせ、膠(ニカワ)で溶いた胡粉(牡蠣の殻を砕いた粉)を、刷毛で塗って乾かし塗って乾かしを3〜4度繰り返し、仕上げに絵付けをして作っています。和紙張りから絵付けまで、約10日間。手間を掛けている分、手仕事のぬくもりが感じられます。
道楽かん工房 ウェブサイト

ナイアード製品

エクストラバージンオリーブオイル、アルガンオイル等で作られた『アルガン石鹸』。アルガンオイル、ビーワックス等で作られた『アルガンクリーム』。バラを地下水で蒸留し、添加物をいっさい使わず作られた『朝摘みバラ水』。タイやモロッコの工房で手作りされた体にやさしい製品。
ナイアード ウェブサイト

アルデバラン製品

Tomoの服と同じで、天然素材を草木染して作られています。
草木で薬効手染めされた、シルクの布ナプキン、五本指靴下、ボディロール、アームカバー、FUNPAN、ショーツ等、やはり体にやさしい製品です。
アルデバラン ウェブサイト

ページトップへ