Tomoの服は、Cotton(綿)・Hemp(麻)・Silk(絹) で作られています。

シルク
シルク−2.jpgかいこ.jpgシルク.jpgシルク紡ぎ.jpg
黄金色の糸

タイに昔から生息する蚕は、黄金色の繭を作ります。
黄金繭は、一般的に流通している白い繭より小さく、糸は太くて短いので、機械では紡ぎ難いようです。
白いシルクよりも、強くて丈夫な布ができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コットン

綿花.jpg綿.jpg種取り.jpg綿打ち.jpg綿を棒状に.jpg綿紡ぎ−2.jpg
栽培から

綿は、種を蒔き、育て、収穫し、手作りの器械で種をとり、かごと棒を使って綿打ちし、紡ぎやすいように棒状にまとめます。
それを、糸紡ぎ機で紡ぎます。

ヘンプ

Hemp yarn.02.jpgHemp yarn.jpg

麻は、ヘンプ(大麻)を使っています。
ヘンプは病害虫に強く、栽培時に農薬を必要としません。
また、肥料をあまり必要とせず、荒れ地でも育ちます。
枯れ落ちた葉は肥料になり、他の作物を育てます。
繊維には抗菌作用があり、雑菌の繁殖が抑えられるため、消臭作用があります。